後遺障害の等級認定

Permalink

交通事故被害での後遺障害は、認定を受けることで等級が決まり、等級に見合った金額を請求することが可能になります。後遺障害の等級認定では、医師が作成する後遺障害診断書が主な判断材料とされています。ただ、後遺障害診断書を提出すれば、必ずしも適正な等級認定を受けられるとは限りません。治療の経過、検査の結果のほか、起こっている障害・症状がことこまかに書かれている必要があります。具体性のない記載や、記載漏れがある場合には、満足のできない後遺障害の等級認定の結果が出てしまうことになりかねません。認定の結果に納得がいかない場合には、異議申し立てを行なうことが認められていますが、一度出た結果を良いほうに変えるには間違いを指摘し、その裏付けになるものを出さなければ再び同じ結果が出てしまう確率が非常に高いです。

加害者側の保険会社に申請を任せる方法もありますが、加害者側の保険会社に丸投げすること自体に抵抗を感じる人は少なくないでしょう。また、保険会社に任せる等級認定の申請は事前認定といいますが、被害者側との示談交渉が終わるまで賠償金を受け取ることはできません。一方の自力で申請する方法は被害者請求といいますが、たとえば書類に不備があるかどうかは素人にはわからず、等級認定の申請には専門的な知識や経験が必要になります。ただ、示談交渉を待つことなく等級認定の結果が出ると入金されるというメリットはあります。そのお金を使ったり、保険に付随している弁護士費用特約を使ったりすれば、弁護士費用を心配することなく専門的知識・経験のあるプロの力を借りて、適正な等級認定を受けられる可能性が高まります。